『アットノン シミケアは効果があるの?』~30代からの肝斑ケア~

シミに効くアイテム

「顔にシミが…。どうしよう…。」今までなかったにのに、不安になりますね。シミにも種類があります。それを知る事で、ケアをしていき厄介なシミを目立たなく、消していきましょう。

 

ローコストだからと言って正しい使い方をしなければ余計ひどくなるケースもあります。最近話題となっている商品「アットノン」ご存知ですか?CMなどでも流れていたこともあり名前は知っている方は多いと思います。

 

■「アットノン」商品

小林製薬会社から発売されている商品です。商品の目的としては、傷ややけどの跡や角化症や乾皮症に効果を中心にしています。(シミとは書いていません)

 

・目立って気になる傷跡、やけど後、虫刺されをかきむしった後の改善薬

・「ヘパリン類似物質」が傷跡の奥にある皮膚組織の再生を促す

・傷は治っているのに残っている、赤みや盛り上がっている傷跡、やけど後に有効

 

と、書かれています。注意事項にも目や目の周囲への使用はしないように記載されています。4種類の使用用途から選べるようです。ジェルタイプ・クリーム・コンシーラータイプ・ローションタイプ

 

■アットノンを顔に…

 

塗られたりする方も多いという話も。注意事項にきちんと記載されているように、目の周りや粘膜に使用すると副作用の危険性が出ます。アットノンの重要な販売目的は「傷跡ややけど後を薄くしていく」というのが通常の目的です。

 

お顔などのシミが傷跡ならば、粘膜や目の付近ではなければ自己責任で使ってもいいかと思いますが。目の周りなどのシミ or 肝斑なのであればきちんとした成分のものを使うほうが断然良いです。

 

■30代・40代で現れる肝斑

 

肝斑は主にほほ骨に沿って左右対称に、また目じりの下あたりに左右対称にるシミは肝斑の可能性が高くなります。鏡の前でチェックしてみてください。原因は、女性ホルモンの乱れが原因と言われています。

 

内服薬で消していくことができるので、[トラネキサム酸]と[ビタミンC]を摂取すると効果的です。レーザー治療は余計ひどくしてしまうので皮膚科医に相談するのが一番大切です。内服薬を摂取するようになって、1~2ヶ月ほどで治療が完了します。

 

■まとめ

 

まずは、出来ないように日ごろからホルモンバランスを整える習慣とスキンケアが大切です。ホルモンバランスの乱れの原因は「ストレス」「寝不足」「食生活の乱れ」など様々な影響を受けます。特に月経などを伴う女性の身体は繊細です。

 

原因を知り改善をしていくことによって、肝斑に悩んでる方も内服薬での治療も短期間で終わったり今後できにくくする対策をとれると思います。しっかりと正しいケアと日ごろの生活習慣をしっかり整え、心も体もお肌もいつまでも綺麗でいましょう

 

シミに効果のあるサプリメントでシミ対策しましょう!

シミ対策の基本

シミができたら、美白化粧品を使って美白ケアを行ったり、紫外線対策を行いますよね。特に美白ケアはシミに直接働きかける、身体の外からのケアだと思いがちです。実は、美白ケアは身体の外からのケアだけでなく、内側からのケアも含まれるのです。

 

身体の内側からのケアとして、サプリメントの摂取があります。果たしてサプリメントはシミに効くのでしょうか?

 

■シミができる原因とシミ対策

 

紫外線を浴びて表皮の角化細胞に異常が起きると、色素細胞はメラニンを作り出すよう指令を出されます。この過剰に作り出されるメラニンによって、真皮に紫外線が届きにくくなります。

 

過剰に作り出されたメラニンは肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって体外に排出されますが、肌のターンオーバーが乱れていると、いつまでも肌に残っています。そして、肌に残っているものがシミとなるのです。

 

メラニンが作り出されることがシミの原因であり、肌のターンオーバーが乱れてメラニンが溜まるのもシミの原因になるのです。シミ対策としては、紫外線対策や肌のターンオーバーを整えることです。

 

肌のターンオーバーはストレスや食生活、睡眠と深く関係します。なので、ストレスを溜めないことやバランスのとれた食事、たっぷりの睡眠でターンオーバーを整えるように心掛けましょう。

 

■シミに効果を示すサプリメントがある?その効果のある成分とは?

 

美白効果が得られる成分を食事だけで摂ろうとすると、大量に食べる必要があったり、栄養のバランスが偏ってしまいます。そこで、美白効果の成分として、以下の成分が配合されたサプリメントをお勧めします。

 

・L-システイン

 

アミノ酸の一種で、シミの原因であるメラニンの発生を抑制する働きがあります。すでにできてしまったシミにも効果があります。特に、ビタミンCと一緒に摂ることでシミを予防する効果もあります。

 

・レチノール

 

ビタミンA、ビタミンA誘導体の総称で、アンチエンジング効果も兼ね備えている成分です。肌のターンオーバーを促して、皮膚に溜まったメラニンを排出しやすくします。

また、肌の弾力が戻ってシワが薄くなるので、アンチエンジングに対しても効果大です。

 

・ビタミンC

 

多くの美白成分はビタミンCと一緒に摂取することで、力を発揮します。ビタミンCそのものは疲労回復の効果もあるので、ビタミンCも配合されているものを選びましょう。

 

■サプリメントを選ぶ際に注意すること

 

・1日に摂取する量

 

サプリメントによって配合されている成分量が異なります。なので、1日にどの成分をどのくらい摂取できるのか比較して購入してください。

 

・長く続けられる価格かどうか

 

サプリメントは飲めばすぐに効果が出るというものではなく、正しい量を飲み続けることで効果が出るものなのです。贅沢な成分を配合していると、サプリメントの価格が当然高くなります。購入する際には美白成分も気にしながら、価格も視野に入れておきましょう。

 

■自分にあったものを見つけるのがポイント!

 

上で話した成分が配合されたサプリメントをおすすめしますが、その中で自分に合ったものを選んでくださいね。身体の外側・内側から美容効果を高めて、シミが気にならない日常を過ごしましょう!

『あなたの洗顔方法は大丈夫?』〜正しい洗顔でシミを撃退!〜

シミ対策の基本

シミの原因はターンオーバーの乱れや、メラニンの色素沈着などが原因と言われています。しかしそれ以外にも、洗顔のやり方により、シミができてしまう原因を作ってしまう場合もあります。

 

・洗顔をする時はゴシゴシと洗う

・洗顔後に使用するタオルが固くゴワゴワ

・メイクがきちんと落されていない

これが当てはまる人は、将来シミができる可能性があります。今からでも正しい洗顔方法を身につければ、シミを防ぐこともできますので、いくつかポイントをご紹介します。

 

■メイクはしっかりと落とす!

 

メイクが顔に残っていると、メイク残りが活性酸素を作り出し、シミの原因であるメラニンを発生させてしまいます。また、しっかりとメイクを落としていないことにより、肌が呼吸できずに古い角質がどんどん溜まっていきます。それにより、ターンオーバーで肌が再生されず、シミになってしまいます。

 

美容成分をたくさん含む洗顔料は、一見効果があるように見えますが、その分不純物をたくさん含んでいます。洗顔料は、弱酸性の無添加石鹸でも十分なくらいです。費用も数百円と安く収まりますし、肌にも優しいのがメリットです。

 

■顔をゴシゴシ洗うのは美容にもシミにもNG!

 

洗顔をする時に、ゴシゴシ洗うのは逆効果です。力を入れて洗うと、肌も傷ついてしまう上に、洗顔料の泡の効果も無意味になります。肌を傷つけてしまうことも、シミになる原因でもあります。肌を傷つけないように、優しく洗うのがポイントです。

 

洗顔をする時は、石鹸や洗顔料を泡立てネットなどで泡立ててから、泡を肌に押し当てるように優しく洗いましょう。泡立ったフワフワの洗顔料の泡は、きめ細かい泡になるので、力を入れずとも肌の奥まで浸透し、古い角質やメイクを綺麗に取り除いてくれます。

 

■洗顔後にはフワフワのタオルで!

 

洗顔後に使用するタオルは、出来るだけ柔らかく、フワフワなタオルを使用しましょう。洗顔で肌を傷つけないようにしても、タオルが固くゴワゴワだと、水分を拭き取る時に、タオルの繊維で肌を傷つけてしまいます。

 

洗顔後は、柔らかくフワフワなタオルで、顔を擦らずに水分を拭き取りましょう。タオルを軽く顔に当てるようにして拭き取るのがポイントです。強く擦らないように、気をつけましょう。

 

■まとめ

 

美容液や化粧水に気を遣う人でも、洗顔方法が正しくなければ、かえってシミを作ることになってしまいます。どんなにシミに効果のあるものでも、ベースがしっかりしていなければ、なんの意味もありません。

 

まずはベースである洗顔方法を改善し、洗顔のサポートとして、シミ対策である美白美容液を使用すると考えた方が、より効果的であると言えます。普段何気なく行っている洗顔も、洗い方1つでシミを改善することができるのです。

 

『食事の改善でシミは防げる!』〜シミにNGな食べ物とは?〜

シミに効くアイテム

みなさんはまず様々な美容方法で、シミを消そうとしていると思います。しかし、なかなか改善されず、「どうやったらシミができなくなるの?」と、悩むかと思います。そんな時は、食事を改善することをオススメします。今現在あるシミは消せませんが、シミができにくい肌に改善することができます。

 

■自分の食事を見直してみよう!

 

普段の食事の中で、添加物を含む食品はたくさんあると思います。添加物を含む食品はシミを作る原因となります。しかし、添加物である食品を完全に無くすことは不可能です。でも、これを少量に抑えるだけで、シミは少なくなります。

 

白砂糖、保存料が多く使用されている食品を出来るだけ避け、飲み物もカフェインが含まれていない物を選びましょう。特に白砂糖は、シミをたくさん作ってしまう原因の1つなので、量に気をつけなければいけません。

 

■どうしてもおやつが食べたい!

 

普段から間食をしていて、「どうしても甘い物が我慢できない!」という人には、ドライフルーツやナッツがオススメです。ドライフルーツは、自然の甘みをそのまま残していますから、砂糖は一切使用していません。ナッツは抗酸化作用があるので、肌の老化を防ぐと同時に、シミを予防してくれます。

 

■今現在あるシミを何とかしたい!

 

現在できてしまっているシミを何とかしたいと思っている人には、新鮮なビタミンCの摂取がオススメです。ビタミンCは、鮮度の良い野菜を買って、すぐに食べると効果が増すと言われています。

 

また、トマトは美白に欠かせない食べ物で、紫外線から肌を守ってくれたり、シワを予防してくれる効果もあります。トマトとブロッコリー、トマトとアボカドの組み合わせが、1番効果的だと言われています。買い物後にすぐに調理できますから、手間もかかりません。

 

■まとめ

 

現在あるシミは、正しい洗顔とスキンケアで治りますが、これから出来るシミは、食生活の改善でしか防ぐことはできません。身体の中から予防することで、今後のシミ防止に繋がります。美白効果のある成分にも種類があるように、シミの原因になる成分にも、様々な種類があります。

 

また、女性ホルモンの乱れによりできるシミも、シミの原因となる食べ物を少なくすることで、予防することができます。「どうせすぐにできる」と諦めずに、前向きにケアしていくことが大切です。

ページの先頭へ